スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年03月25日

3月度定例ゲーム 開催報告(番外編)

SCARPミリブロ更新しなきゃ…って思ってる間に、いつの間にかクジラ君が更新してくれていたSCARP3月定例開催報告。
申し訳ないので、わたくしSmith♂、追加報告だけでもさせていただきますっicon10

まずは、はい、これface08
見ちゃいや〜ん


「見ちゃいや〜ん」て、誰のケツやねん。それは秘密です。最近女になった、もとい、結婚したあの子ですよ。
女性参加者2名のうちの一人ですね。意外にプリプリですね(ゴメンなさい、意外って言ってもた)。
ちなみに右側の人は旦那さんではありません。ただの通りすがりの人です。
ゲームとは直接関係ない写真でした、スイマセン…。

さて、そんな賑やかしもあった中で、こんな人たちも…。
タイムトラベラー


いつものタイムトラベラーっすね。
左右両端(はし)の人がタイムトラベラーです、念のため。
休憩時にセーフティで鉄瓶使ってお茶など点(た)てられ、定例終了後、また昭和の世界に帰って行かれました。

それから…こちらもいつものメンバーですね。
暑苦しい三人


なかなか暑苦しい姿ですね。我ながら…。
右のお二人はプレキャリはじめ装備一式を自衛隊迷彩で固めてますねぇ。
けど、ヘッドギアはOps-Core BALLISTICタイプ・ヘルメットにWilcox L2G05タイプのNVGマウント、Mantaストロボ、COMTAC IIタイプのヘッドセットにOps-Core/Comtac II ARCタイプ・レールアタッチメント、そしてPeltorタイプPTTなど、ポイントがキッチリ押さえられ、レプリカながら、現行の一般的な自衛隊装備よりもかなりの進化型。
カッコイイ、けど重いんですよね。いっぱい着いてるから。つまづいたりすると頭、グワングワンします。

それと、左端のマルチな人は、VOLKのプレキャリ装備してます。分かりにくいですけど…。既に廃番になったタイプですね。
比較的タイトで日本人の体型によくフィットします。再販してもらいたいモデルですね(最近臭くなってきたので買い換えたい)。

ごめんなさい、最後は個人的趣味で若干暴走気味になってしまいました。

いつも通りのまとめで恐縮ですが、こんな初心者から危ないマニアまで(たまにキリンとか)、色々と人材豊富なところが(人材なのか?)SCARPのいいところなんですよね〜icon06  

Posted by SCARP  at 02:05Comments(0)雑記

2015年05月15日

M134(ミニガン)で遊ぼう〜

前回、「SCARPの一丁」でご紹介させていただいたM134(ミニガン)ですが、結構たくさんPVをいただいたので、続編としてゲームで使用している様子もご紹介します。

先月はそれほどでもなかったのに、たった1ヶ月でフィールドはモジャモジャに…。
フラッグ手前のブッシュに潜む黒装束。ん?何かパイプを束ねたような見慣れぬ物体がのぞいてる?
ミニガン待ち伏せ


そこへ、フラッグゲット目指して飛んで火に入る夏の虫ならぬ初夏のクジラ君〜、ご機嫌で突撃中です。
走るクジラ君


突如立ち上がる黒い人影、そして高速に回転しながら突然火を噴く6本のバレル!
発射音はヴオ〜〜〜と、もはや一つの音につながって聞こえるぜぃ!
(どうも、その重さゆえ、仁王立ち状態でしか撃てないようです…)
ミニガン発射


どわっっicon10
一気に全身を無数のBB弾が襲う無慈悲な攻撃です。
クジラ君瞬殺


瞬殺です。隠れる間もなし…。
ヒットコールする間もなし…。
さらに無慈悲な攻撃が続く(オーバーキルとも言う)。
ヴオ〜〜〜…
さらに続くミニガン攻撃


ご臨終ですicon11

まあ、こんな感じでミニガンがこの日は活躍しておりました。
  


Posted by SCARP  at 01:24Comments(0)雑記装備紹介

2015年04月30日

SCARPの一丁<M60 / MK.43 MOD0 with Tripod>

今回のSCARPの一丁はM60のモダナイズモデル、MK.43 MOD0。M60E3のThe Navy SEALs版(正式にはTheが要ります)バレル短小モデルですな。
MK43MOD0


これは多分、A&K製。ゲームでよく壊れてたし…icon10(給弾周りが弱いです、参考までに。)
重量は約6.7〜8kgということで、実銃が23.1lbs(ポンド)つまり約10.5kgのヘビー級ですが、こちらはアルミが主な素材なので、さすがに大分軽い…。とはいえ、それはあくまでも実銃との比較のお話。エアガンにしてはかなり重い部類で、これ持ったまま1日走れたら、SCARPのランボー即認定ですわ。って、確か、今は亡き(生きてますって…)BIMBO元隊長は、TOPのM60持って1日走り回ってたような…。

ところで、今回の目玉は、実は銃本体じゃなくって、オマケの3脚、元い、トライポッド。上下合わせるとあまりに重くて移動も出来ず、特大の文鎮として置きっぱになってますicon11
持ち主曰く、300,000円で購入〜。ゼロ何個ついてるん?えええと、30マン、30マンエン〜?face08えらい高い文鎮やな…。
というお品でございます。

以上っ!
  


Posted by SCARP  at 22:53Comments(3)雑記装備紹介

2015年04月21日

SCARPの一丁<AK74(LCT)他>

SCARPの一丁、今回はLCT製AK74。
AK


個人的な嗜好の関係でAK系は知識ゼロに近いため、これがAK47なのか74なのかも定かではありません。
持ち主に「このAKの機種、何なん?」ときいてみましたが、持ち主曰く「んん〜・・・、わからんっ」ということでした…。
言い切りましたね、あなた。きっとホントに分からなかったのでしょう。
トップカバーにリブがあり、ストックはデルタ・スケルトンタイプの折り畳みなので、多分AK74の一種かな…?というのが筆者のヨミですが、間違ってたらゴメンなさい。
コメント欄からでもご指摘いただけましたら幸いです。

さて、このAK、LCTという台湾(?)のメーカー製なんですが、なかなかの雰囲気を醸し出しとります。
聞くところによると、LCTという会社、以前、リアル志向の高級エアガンで一世を風靡した(したのか?)香港のトイガンメーカーINOKATSUと何やら関係があるそうな…。どう関係があるのかは定かではないのですが、どうやら、INOKATSUが一度倒産した際に金型やら設計図やらを入手して安価に再生産し始めたのが元々、とか耳にしたような気が…。非常に曖昧…icon10
で、INOKATSUを念のためググってみると…、ホームページ、ちゃんとありますやん。会社再生したんかな?

INOKATSUといえば、以前M60のモダナイズド版Mk.43MOD1を所有していたことがありましたが、そいつも非常にリアルな作りでした。
そのリアルさゆえ重さも大概で、夏場なんかにはその重量のためにフィールド内にて遭難しかけ、やむなくヤフオクでドナドナしました…。悲しい歴史です。
このAKもレシーバーはおそらくスチールプレス製で、適度に重量感もあり、持って満足、撃って納得…てなエアガンです。
あれ?フラッシュハイダーがラッパタイプに変わってますねぇ。クリンコフのとは違う形。こういうのもあるんですな。
この辺は、持ち主の好みということらしいです。

またまた、叉銃っぽく立ててみました。
AK叉銃


この中の2丁はAKS74Uですね。これは分かるんだなぁ(ていうか、これしか分からない)、自分も使ってるもんで。
うちのチームのAK所有率は結構高く、この日もここに写っている4丁以外に何丁か目にしました。
無骨な作りで光学サイトすら拒否してる(っぽい)漢の道具、AK。
また、機会があれば、色々と並べて比べてみましょうか。
  


Posted by SCARP  at 01:42Comments(2)雑記装備紹介

2015年04月15日

過去のSCARPゲーム風景(YouTube動画)

過去のSCARPでのゲームの様子を撮影した動画を試験的に載せてみました。
(スマホ等で動画の横幅が足りない場合、動画をダブルタップして最大化してみて下さい。)

もう、何年も前の映像ですが、季節はいつ頃かな?
SCARPのフィールドは、5月の連休過ぎたあたりから、このようにモジャモジャのモジャミ君です。
逆に冬場は木々や草の葉が落ちて、スタート地点から相手のフラッグが見通せるほどスカスカなんですが…。

映像は我がSCARPの重鎮、G.I. Johnnyさん作で、愛銃M14にマウントしたカメラで撮影してますね。
うちのゲームの雰囲気がよくわかる映像です。
因みに、OD服にM4 S-System持ってヘッドセットしてるのは、今は亡き(いや、まだ生きてますからっ…icon10 )John Bimbo元隊長ですな。お懐かしや…。

また、こんな風な動画、作りたいですね。
  

Posted by SCARP  at 00:06Comments(2)雑記

2015年04月14日

2015年4月SCARP定例ゲーム開催報告【番外編】

今月のSCARP定例では、晴天のもと、日本兵による大茶会も開催。

緋毛氈はなくブルーシートだったり鉄瓶ではなくアルミのヤカンだったりと、簡易版「野点(のだて)」ではありますが、心を込めてお茶を点(た)てます。
野点


テーブルの上にコーヒーの空き缶やらマガジンやらが散らかっておりますが…、心を込めてお茶を点てております。
となりで自衛隊員が急かしておりますが…、心を込めてお茶を点てております。

結構なお手前で、他のメンバーたちからも好評でした。

どら焼きも振舞われました(食ってしまったので、写真、ありません…)。

こんな感じで、撃ち合い以外のお楽しみも結構盛りだくさんなSCARP。
焼き鳥やら焼きそば大会もたまには…。
このあたりは最近ご無沙汰なので、また、女性隊員が参加の時にお願いしちゃいましょうか。

  

Posted by SCARP  at 21:59Comments(0)雑記

2015年03月22日

SCARP、今月の一丁<三十八式歩兵銃、三十八式騎兵銃、他>

ゲームの紹介とかだけだと、ネタがなんとなくマンネリになりそうだったので、メンバーの銃や装備も少しずつ紹介していきます。
SCARP、今月の一丁は…いきなりマニアックなサンパチ式、つまり「三十八式歩兵銃」(KTW)です。
38式


叉銃(さじゅう)っぽく4丁立ってるうちの、真ん中のチャラいヒカリ物(ゴメンなさいクジラ君)を除く3丁は、なんと、全部うちのコアメンバー、ルバング「ベール」氏の持ち物です。
実は、もう一丁、写真には写っていないけど、別のサンパチ式がガンケースに入ってたりして…。あんさん、どんだけ日本兵なん?icon10

写真には、あと、同じくサンパチ式の「騎兵銃」と「モ式」と呼ばれるモーゼル騎兵銃(カービン)「Kar98k」も。
旧日本陸軍では、昭和になってからも国産のサンパチ式とかだけではなく、ドイツから輸入して使ってたんですね。

ベール君はなかなかのボルトアクションの使い手で、結構遠方からヒット率高し君です。
スコープも使わず、オープンサイトのみで、どんだけ目ぇええねん?!て感じ。
でも、シチュエーションによってはサブに次世代AKを併用したりもする、タイムスリップ野郎です。

サンパチ式の詳しい話は専門外にて分かりかねますので、また機会を改めて持ち主にお願いしたいと思います。  


Posted by SCARP  at 16:37Comments(2)雑記装備紹介

2015年02月09日

節分BB弾撒き改めクダ撒き大会 / 2015年2月SCARP定例ゲーム不開催報告〜っ

あぁぁ〜、今月もまた雨天のため、定例ゲームは中止となりました。icon03
そのため、節分BB弾撒き大会は、急遽、有志の作戦会議…ではなくて、オフ会、飲み会、クダ撒き大会となってしまいました…icon11

2月オフ会

こんな変なメンバー楽しいメンバーの集まりです。
興味がある方は(怖いものを見たいチャレンジャーの方は)一ぺんSCARPまで覗きに来てちょ〜(一応名古屋弁です)。
ちなみに、この日のメニューは名古屋メシコースで、写真のテーブルに載ってる名古屋名物「土手メシ」でシメです(ゴメンなさい、単なる分かりにくい駄洒落です)。
当初、実はメニュー上のシメは蕎麦だったんですが、蕎麦を食べるとメンバーの赤クジラ君が死んでしまうので、チェンジしてもらいました。

なのに、赤クジラ君は飲み過ぎて、結局潮吹きならぬ泡を吹きそうだった為、この日は早めの撤退と相成りました。

月1回の定例が流れるのは非常に残念ですが、今月は、あと1回、三重方面へ遠征があります。icon22
それを楽しみに、武器を磨いとこう…face01  

Posted by SCARP  at 22:35Comments(0)雑記

2014年09月03日

about SCARP

チーム名のSCARP(断崖)とは「 Special Combat Armor laRgecrows Persona」の略で、
”断崖”にそびえる大ガラス(特殊部隊)達の巣…みたいな…、含意。

SCARPマスコット


SCARPは個人の思想・信条を尊重し、多国籍な(無国籍な人も…)チームで2003年春に4人からスタートし、
年々メンバーが増えていきました。
10代から50代までと幅広く、半数以上が未経験から始めた人達で、
マニアックな人、シューティングが好きな人、ストレス解消、運動不足解消に来る人等、さまざまです。
楽しい”Brothers”。                        

SCARPは「サバイバルゲームの楽しさを知ってもらい、手軽に遊べるスポーツとして、根付いていけるように」
を目的に、活動してきました。
しかし、電動ガン等”遊戯銃” の一般化と共にサバイバルゲームの知名度は上がってきているものの、
まだまだ、サバイバルゲーム=「戦争支持者の集り」とか「アブナい人たちの遊び」と誤解されがちです。
だからこそ、安全やルールを尊重し、お互いが笑顔で楽しめることを第一に活動しています。

ところで、あるスポーツのルーツは、死刑囚の頭を蹴り飛ばしながら、隣の町まで運んだのが始まりとされています。
サバイバルゲームも、もっと一般にゲーム化されて単なる”戦争ごっこ” ではなく、
”シューティング・ゲーム”の一つに加わればと願って活動してきました。

”平和ボケが生み出した遊び” かも知れませんが、平和だからこそ出来る遊び?ゲーム??とも思います。
ゲームの楽しさをもっと広く世間一般に知ってもらい、理解してもらうことを願うと共に、戦争や内戦の無い平和な国が一国でも多くなることを願っています。

SCARP元代表 BIMBO
  

Posted by SCARP  at 16:35Comments(0)雑記説明